FAXDMとテレアポの組み合わせが効果的|フォローコールで反応率アップ

FAXDMを配信すると決めたはいいものの、実際に配信した後のことを考えたことがありますでしょうか。もしくは、FAXDMを配信した後、そのまま送りっぱなしにしていませんか?

せっかくの費用を投じて配信したFAXDMの反応率を少しでも上げるためには、配信が成功した宛先に電話でフォロー(フォローコール)をするのも有効な手段です。

FAXDM配信後のフォローコールでできること

NetRealをご利用いただいているお客様は、FAXDMのフォローコールを以下のように実施しています。

FAXDMを見たか、担当者に手渡されているかを確認できる

「昨日(先日)、○日にFAXにてご案内を差し上げたのですが、ご覧いただいておりますでしょうか」のような切り口からはじめ、もし見ていないと回答があれば(出来れば部署名や担当者名を聞き出して)再送すると良いでしょう。メールアドレスを聞き出して、メールでの案内に切り替えるのも一つの手段です。

ご覧いただけていた場合はそのままFAXDMの内容に関して具体的に話を進めることもできます。興味関心の度合いが強ければ、より多くの情報を伝えられるDMなどを送付してみたりと、その後のアクションのバリエーションはさまざまです。

いずれにせよ「FAXDMがそもそも見られているのか」を確認できるかどうかは大きな違いです。見られていなかった場合は、より確実に届けられるように情報を得てから再送することで、届くべき相手に届く確率がグッと高まります。

FAXDMとフォローコールの組み合わせで新規顧客獲得率を3.7倍させた事例(動画)

自分でやると手間がかかる・・・そんな時はテレアポ代行

フォローコールは一度台本を作ってしまえば、あとはひたすら1件1件電話をかけていくことになるわけですが、この作業が実は意外と手間がかかります。電話をかけている間は当然他の作業は出来ませんし、宛先が数件であればまだしも、100件を優に超えてくると、一体いつ終わるのか途方に暮れてしまうでしょう。ずっと電話をかけているわけにもいきません。

そんな時は代行(アウトソーシング)を依頼するとよいでしょう。FAXDMの配信をおこなっているNetReal(ネットリアル)では、電話営業(テレアポ)代行サービスも取り扱っています。

参考:NetRealの電話営業(テレアポ)代行サービス
   https://www.netreal.jp/tel/
   https://tel.netreal.jp/

NetRealの法人リストをレンタルしてFAXDMを配信している場合、配信が成功した宛先に絞って、その宛先に電話営業代行サービスを使ってテレアポをおこなうこともできます。
もちろんお持ち込みのリスト宛てにFAXDMを配信した場合でも、電話番号のデータもお持ちなのであれば問題なくご利用いただけます。

NetRealの電話営業代行サービスは1件150円〜、最低100件〜、その都度依頼できます。手間のかかるテレアポを任せている間に、ご自身はより生産性の高い業務に注力していただければ、さらなる業務効率化が図れます。

NetRealのFAXDM配信サービスおよび電話番号代行サービスは無料会員登録いただいた後にログインできる会員画面からご利用いただけます。利用されていない間にも、さまざまなノウハウのご提供や、お役立ちセミナーの情報なども随時配信していますので、よろしければご検討ください。

→ NetRealの無料会員登録(初期費用・月額費不要)はこちら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料会員登録でより詳しいノウハウを配信中!

NetRealでは会員の方にFAXDMに関するお役立ち情報や新規開拓などに役立てるマーケティングノウハウなどをメールにてお届けしています。

  • 無料で使える法人リスト
  • FAX原稿のテンプレート
  • マーケティングノウハウ

などなど、随時更新しています。

会員登録は無料で、初期費用や月額費用の固定費などもかかりませんので、お気軽に会員登録してください。


無料会員登録でノウハウを手に入れる