FAX配信方法の比較|安く簡単にFAXを送る方法はどれか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.FAX配信方法比較

FAX配信方法には大きく分けて3種類ございます。それぞれの違いを比較しました。

1)FAX業者に委託

■説明

FAXDM(一斉同報)の代行業者を利用して配信する方法。

■手間

インターネット経由で簡単に利用できる。(※業者ごとに利用方法は異なる)

■送信速度

1時間数万件 (※業者ごとに異なります)

■悪影響

自社のFAX機に一切影響なし。

■FAX名簿

0円からすぐ使える。

■送信コスト

1件あたり5円~10円。

2)FAXソフトを使う

■説明

FAX送信ソフトをインストールしてPC上からFAX配信する方法。

■手間

ソフト購入・PCにソフトをインストール後、送信度にTIFF変換。

■送信速度

1回線あたり1時間100件ほど。

■悪影響

大量配信には自社に多回線・各種設定が必要となり、通信コストも一定。

■FAX名簿

業者で購入もしくは数万円のリスト収集ソフト購入が必要。収集にも時間が掛る。

■送信コスト

1件あたり8~12円。
※送信先の距離や通信時間、回線業者との契約内容により異なります。

3)FAX機で送信

■説明

コピー機兼FAX等のFAX機器を使いFAX配信する方法。

■手間

FAX機に張り付いて送信するため非常に無駄な時間が掛る。

■送信速度

1回1分として1時間60件ほど。

■悪影響

1回線では配信中のFAX機の受信ができなくなる。

■FAX名簿

業者で購入もしくは数万円のリスト収集ソフト購入が必要。収集にも時間が掛る。

■送信コスト

1件あたり8~12円。
※送信先の距離や通信時間、回線業者との契約内容により異なります。

2.まとめ

自社のFAX機やFAXソフトからの送信よりもFAXDM業者にアウトソースする方が、安くて速くて簡単です。

NetRealのFAX配信サービスの詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加